MENU

当店では、暮らし・心・身体を整える生活改善グッズを取り扱っています

マコモ ~腸まで届く微生物 1日1杯であなたの健康をサポート~

価格: ¥7,560 (税込)
[ポイント還元 75ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星半分 4.7 (20件)

こんにちは、ゆにわマートの加藤まゆみです。

あなたは、

・疲れが溜まっている…
・長続きしやすい健康習慣を取り入れたい
・毎日を元気に過ごしたい
・カラダの中や腸内環境をキレイにしたい
・朝スッキリと目覚めたい
・アレルギー体質を改善したい

とお悩みではありませんか?

特に不摂生をしていなかったとしても、人の体には、よくない毒素や邪気や溜まってしまうものです。

それが疲れの元となって、体調不良やネガティブな思考の原因になっているかもしれません。

そこで今回は、体内毒素をデトックスして、常に元気を健康サポート食品「マコモ」をご紹介します。

デトックス作用であなたの身体を元気にしてくれる

「マコモ」は真菰(まこも)という植物から作られた、粉末状の健康補助食品です。
主にデトックス・治癒作用があります。


この効果の源になっているが、マコモに住むマコモ菌という菌です。

非常に生命力が強く、飲み続けると腸内環境を整えてくれて、疲れを溜めない体質になれます。


粉末状なので、料理やコーヒー、牛乳などのジュースに混ぜても飲みやすく、お子様からご年配の方まで、幅広いお客様に愛用されています。


マコモは、ただ単に栄養素が配合されている市販のサプリや、病院でもらう薬などとは異なり、
あくまで人間が本来持つ自然治癒力や免疫力、浄化作用を高め、体を根本から健康にしてくれるのです。

原料の真菰(まこも)とは?

真菰(まこも)はイネ科の植物で、日本各地の川などの水辺に自生しています。

水辺全体を浄化してくれる働きがあり、怪我をした渡り鳥などの野生動物は、真菰(まこも)を自ら患部につけて傷を癒すのだそうです。

環境破壊の進行などにより、現代の日本人にとって真菰(まこも)はあまり馴染みのない存在になってしまいましたが、元々は食用や漢方、敷物など、日常生活の中で身近なものとして愛用されていました。

古くから伝わる神聖な植物真菰(まこも)

真菰(まこも)は古来から「邪気を祓い、浄化してくれる霊草」として神聖なものとしても扱われていて、出雲大社のしめ縄も真菰から作られています。

出雲大社では現在でも毎年六月一日には「真菰(まこも)祭り」が行われ、神事の後には参道に敷いた真菰を参拝客が宝として持ち帰る習わしがあるそうです。


また、真菰(まこも)は日本の神話「古事記」や「日本書紀」にも登場しています。

「因幡(いなば)の白兎」という昔話は古事記の中でも特に有名ですが、この物語の中に、大国主命(オオクニヌシ)が旅の途中に、皮をはがれて横たわっている白ウサギを助けるシーンがあります。

その時オオクニヌシは、ウサギの傷を癒すために、植物を刈り取り布団を作ってその上に寝かせましたが、その時の植物こそが、実は真菰(まこも)だったと言われているのです。

水辺の環境と自然を守るマコモ

環境破壊などの影響により、真菰(まこも)が自生する水辺はどんどん失われており、昨今は改めてその重要性が見直されつつあります。

真菰は農薬、化学物質、重金属などの汚染物質を吸収・分解する水質浄化能力に優れ、丈夫な根っこで川辺が洪水で破壊されないよう守る働きを担います。

最近では、地域の環境を良くするのために、田んぼや湖沼、川岸に真菰を植える運動が各地で盛んに行われています。
マコモによって水質が改善された田んぼでは、自然の生態系が整うことで米の収穫率がアップし、無農薬、無肥料でも品質の優れたお米を収穫できるようになるそうです。


真菰(まこも)によって、自然本来のあるべき姿を取り戻す。


浄化作用や治癒作用を人間の体でも感じられるようにした商品が「マコモ」なのです。

「真菰」の生命エネルギーを「マコモ」に

「マコモ」の発明者である小野寺広志氏は、怪我を負った水鳥が、真菰を傷口についばんで傷を癒して元気になった姿を見ることで、商品としての「マコモ」への着想を得ました。

その後、60年もの長い研究を経て、真菰に宿るエネルギーの源「マコモ菌」を発見。

真菰からマコモ菌を抽出する製法を生み出し、ようやく製品としての「マコモ」の完成に至ります。


ただ、「マコモ」は一つ一つが手間と時間のかかる手作業なので、大量生産ができません。

マコモ菌は生き物なので、季節や気温の些細な違いによって、品質が大きく左右されます。

植物の真菰を太陽光線でじっくりと乾燥させ、洗浄・選別・発酵などの過程を経て、じっくりとマコモ菌の命を大切に育て上げていく。

製造会社はマコモ製造のプロセスを「子育て」と例えられるくらいに、一つ一つと愛情を込めて向き合うのだそうです。


「マコモ」は大量生産ができないので、広告や宣伝もほとんどしておらず、世間的な認知度も高くありません。


それでも長く支持され続けているのは、やはり実際に使用してみると見違えるほど効果を実感できるからです。


ゆにわマートでも特にマコモ愛用者さんはリピーターがとっても多く、「疲れにくくなりました!」「心も元気になりました!」といった声をよくいただいております。


毎日の健康習慣に、ぜひマコモを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ゆにわマートオススメ!「マコモ」飲料の作り方

STEP1

まず準備から必要なものを用意します。

1.コップ
2.スプーン
3.マコモ
4.お湯

STEP2
「マコモ」をコップに小さじ一杯いれてください。
まずはマコモを小さじ一杯入れます。

STEP3
ほんのチョロッとだけお湯を注ぎます。
マコモが浸る程度でOK!
次はお湯をちょっぴり入れます。

STEP4
よく練って下さい。
ダマが無くなるまでよーく練って下さいね。
よく練りまーす。

STEP5
よく練れたらコップにお湯を注いで下さい。
お湯をそそぎます。

STEP6
よく混ぜたら完成です。
温かいうちに飲んでくださいね。
のみます。

ゆにわ流マコモの飲み方のポイント!

マコモを作る時は、マコモに親しみと愛着をもって話しかける(ような気持ちで)作ってみてください。

何にでも言えることですが、マコモは特に、作る人の思いによって味がガラリと異なってきます。

味気のない、茶色い水のようにもなれば、飲むだけで笑みがこぼれて心からあったまるようなドリンクになることも。

「ゆにわ」では特にマコモを作るのが上手な人の事を「マコモに好かれている人」と呼んでいます。

みなさんも是非、マコモに愛情を注いでおいしいマコモを作ってくださいね!

こんな使い方もオススメ

「マコモ」は飲料としてでなく、足湯やお風呂に入れることでも浄化・デトックス作用を得られます。

「マコモ」をスプーンに大さじ三杯ほど、お風呂に入れます。

見た目はあんまりよくないですが、一度やってみるともうやみつき!

お風呂から上がったときに本当にスッキリして、お肌も喜んでくれる感覚になりますよ。

こちらもぜひお試し下さいね。

製品情報

商品名マコモ(株式会社マコモ)
価格¥7,560(税込)円
内容量190g
原材料真菰
保存方法常温保存

お客様の声

黒い石様 投稿日:2018年02月12日
おすすめ度:
マコモが家に届いてから、
お湯に溶かして飲み続けています。
主人がいれてくれると甘さが増すのですが、私がいれるとさっぱりした味になります。不思議です。
私は、飲み続けて肌がカサカサしなくなってきています。
お勧めです。
なお様 投稿日:2017年09月03日
おすすめ度:
疲れやすいのが少しでも改善されればいいなぁと思って購入しましたが、マコモに出会うことができて本当によかったです。身体だけでなく心も元気にしてくれるというか。自分の中心に軸ができてぶれない感覚になった気がします。これからもずっとおつきあいしていきたいと思っています!
えりこ様 投稿日:2017年08月10日
おすすめ度:
まだ飲み始めて4日ですが、これを飲んでいるためかあまり寝てなくても疲れを感じません。美味しくないというコメントも見ておりましたが、そんなに言うほどかなと言う感じです。ここにあったマコモの入れ方をみてマコモを愛でるように毎日かき混ぜながら飲ませて頂いております。便秘はもともとあまりありませんでしたが、これを服用するとすぐに反応して悪いものが出るような感じがあります。まだ4日目なので今後の変化が楽しみです。
もっと見る

この商品を見られた方は、ほかにこんな商品も購入されています。