ゆにわマートオンライン

ゆにわマートは、暮らしと身体を整える生活雑貨と、
人生をより良くするための開運・浄化グッズを販売しています。
お気軽にお問い合わせください。0728645640。

メルマガバックナンバー

風邪予防の6つのポイントをお伝えします(2012年11月11日)






ユニワオンラインショップの川嶋です。


森修焼コラボ・ゆにわオリジナル商品

「四つ葉のクローバーペンダント」ですが


ユニワグッズを長年ご愛用いただている女性から

こんな声をいただきました。


「以前から、森修焼の『まがたま』をつけていました。

とっても気に入っていましたし、効果も実感していたので

正直に言うと・・・。

今回、四つ葉のクローバーペンダントの購入を迷っていました。


そこで、川嶋さんに相談したら、


『今まで使っていた「まがたま」は

ストラップやキーホルダーにしたりするのはオススメです。

ツボ押しに使ったり、車内に吊っておいたり

パソコンやブレーカーにはったり、ペットにつけてあげたりしてもいいです。

森修焼の癒し効果が強くはたらきますから、ぜひ、なにかに使ってあげてください』


とのことで、さっとく購入を決めました。


買ってみて、大正解でした!

ホント、これいいですね~。


それで

今まで使っていた『まがたま』を、どう使おうか考えていたのですが・・・

結局、クローバーペンダントと一緒につけています(笑)

ダブル効果で、すっごく体が軽く、とっても元気ですよ!」


とのこと。


実は、何人かのお客さまからも同じように

「2つ一緒に使っています」という声もいただいています。

きっと相乗効果があるのかもしれませんね。


他にも、四つ葉のクローバーペンダントには

どんな効果があるのか、よくご質問をいただきますので

今回、万福たけしが動画にてお伝えしています。

よかったら、コチラをご覧ください。
http://gojigen.net/SHOP/01-148-16.html


さて、今回は、お一人暮らしをされている

20代の女性からリクエストをいただきました。


「実は、職場でずっと風邪が流行ってまして

恥ずかしながら、私も長患いしております。

(マイコプラズマ肺炎になりました...)

ぜひ、風邪の対処方や心構えなど、ご指導頂けないでしょうか?」


マイコプラズマ肺炎とは

本当に辛かったと思います。


確かに、今の時期は

乾燥していて、ウィルスが広がりやすく

空気感染に要注意のときですよね。


他にも同じようなご質問をいただいていますので

それらを合わせて

今回は、風邪予防について、お伝えいたします。


もちろん

十分な栄養と休養をとるのは、大前提でのお話になりますので

これだけ、やっておけば絶対大丈夫というわけではありませんよ。



風邪予防は、こちらの6つです。


 1.「うがい」「手洗い」「鼻うがい」

 2.掃除、換気をして、温かくして湿度を保つ

 3.カラダを冷やさない

 4.電磁波対策をする

 5.良い微生物を取り入れる

 6.外出時は、マスクをする


それでは、1つ1つお伝えします。

_________________

1.「うがい」「手洗い」「鼻うがい」
_________________


「うがい」「手洗い」は、風邪対策の王道ですよね。


ここで、ポイントがあります。


そもそも風邪ウイルスは

「喉(のど)」や「鼻」の粘膜で繁殖し、感染します

ということは

 ①喉の粘膜

 ②鼻の粘膜

この2つをキレイに保つことが大切です。


①喉の粘膜をキレイにするのに、オススメなのが

「ひまし油うがい」です。

http://gojigen.net/SHOP/06-15-03.html

もともと、ひまし油は

非常に高い解毒作用があり

昔から下剤に使われていました。


ひまし油で、通常のうがいのように行うと

単に、喉の粘膜をキレイにしてくれるだけではなく

解毒作用があります。


ここで注意点が2つ!


1つ目

もともと下剤なので

飲み込まないようにしましょう。


2つ目

ひまし油は、粘性が高い油なので

洗面台には流さずに

直接、ティッシュやキッチンペーパーなどに吐き出し

そのままゴミ箱に捨てましょう。


これを守れば

ひまし油うがいは、とってもスッキリしますし快適です。


もし、風邪にかかった場合でも

とくに喉の炎症にも、オススメです。



②鼻の粘膜をキレイにするのに、オススメなのが

「鼻うがい」です。


鼻腔内についた風邪ウィルスを直接洗い流すことができます。


鼻うがいの実践方法については

羽賀ヒカルがコチラの動画で解説しています。
http://youtu.be/B8hGi0QlhBg

冬の乾いた空気では

鼻腔内や喉の粘膜に風邪ウィルスが繁殖しやすいので

「うがい」「手洗い」「鼻うがい」で予防しましょう。



_________________

2.掃除、換気をして、温かくして湿度を保つ
_________________


そもそも、風邪にならないようにするには


1)ウィルスを家に持ち込まない

2)ウィルスを家で繁殖させない


この2つにつきます。

ウィルスを家で繁殖させないためには


 ①繁殖する場所を無くす

 ②室温を高く保つ

 ③湿度を高く保つ


この3つがポイントです。


①繁殖する場所を無くす

家が汚かったり、ホコリまみれだと

ウィルスは、そこを住み家として、どんどん繁殖していきます。


だからこそ

家をキレイに掃除をすることが大事になってきます。


特に、ベッドの下や部屋の隅などに、綿ぼこりが溜まらないように。

また、棚や机の上にも、ホコリがないようにしましょう。


②室温を高く保つ

ウイルスは、15℃以下になると元気になるので

室温を20~25度くらいに暖かくします。


しかし、あまり暖かくし過ぎたり

室温を一定のままにし過ぎると

身体の抵抗力がなくなり、あまりいいとは言えません。


そこで、ときどき換気をすることが大事です。

それによって、室内にとどまっているウイルスも逃がすことができます。



③湿度を高く保つ

とにかく風邪ウイルスは、空気の乾燥しているところが大好きです。

湿度が40%以下になると、元気に飛び回ります。


しかし

湿度が50%を超えると、ウイルスは途端に元気がなくなり

約3%の生存率になります。


そこで、湿度を60~80%にすることです。


しかし、室内はエアコンや暖房器具などで乾燥しやすいため

(室温が5℃上がると、湿度は10%下がります)


できれば、加湿器などで

部屋の湿度を上げるのがオススメです。


とくに寝室は、湿度を60%以上に保つようにしましょう。


乾燥しているところで寝てしまうと

口内や鼻腔内で、ウィルスが繁殖してしまいます。


(だから、こたつや暖房器具の前で寝てしまうと

 風邪をひきやすいのです)


もし、加湿器がなければ

コップや洗面器に水を入れて

部屋に置いておくことで代用もできます。


ここで一番のオススメの方法があります。


それは、加湿器や水を入れたコップなどに

グレイトウォーターを入れておくことです。
(少量でも、十分に効果があります)

http://gojigen.net/SHOP/08-25-01.html

グレイトウォーターを活用することで

部屋中に、良い情報と良いエネルギーが広がります。


もちろん、専用のグレイトスプレーボトルで

直接、部屋中に散布するのも効果絶大です!

http://gojigen.net/SHOP/08-25-03.html

_________________

3.カラダを冷やさない
_________________


50年前の日本人の平均体温(平熱)は36.89度。

現在の平均は、36.20度だそうで

ほとんどの日本人は、平熱が下がってきているとのこと。


これは、本当に重要なことです。


なぜなら


平熱が1℃下がると、免疫力は約37%下がり

平熱が1℃上がると、免疫力は約60%活性化する


と言われているぐらい

体温は、免疫力を大きく左右するからです。


ちなみに

風邪をひいたときに熱が出るのは

体温を上げて、免疫力を上げようとする防衛反応です。


逆に言えば

体温が低くなると

体内の細菌に対する抵抗力が低下し


冷えている部分の代謝活動が落ち

大切な栄養素や老廃物を運ぶ血行も悪くなります。


腸内では、悪玉菌や有害菌が増殖して様々な病気の原因

さらには、精神的疾患にもなっているとも言われています。


カンタンに言えば

人間の体は、体温の低下には非常に弱いのです。


そこでカラダを冷やさないために

以下の3つがオススメです。


①3つの首を温める

首、手首、足首の3つの首を温めることです。


3つの首は、動脈と静脈の通り道で

そこを温めることで、血液が温まり

温かい血液を全身に循環させることができます。


だから

首、手首、足首の3つの首を温めれば

体が全体が温まるのです。


そこでオススメなのが、ユメロンです。


 ■足首と手首を温める「HPSハイパーミニトレンカ」
 http://gojigen.net/SHOP/02-39-01.html
 ■首を温める「あったか蓄熱・ネックウォーマー」
 http://gojigen.net/SHOP/attaka-07_nekku.html  
 ■お得なユメロンあったかポカポカセット
 http://gojigen.net/SHOP/yumeron-set.html

外出時に温かくするのは当然ですが

室内でも油断せずに

首、手首、足首の3つの首を温めましょう。



②お風呂で体を温める

以前も、お伝えしましたが

お風呂は大事です。


「日本の長寿の秘密は、お風呂習慣にある!」

と主張している研究者もいるぐらいです。


ここでのお風呂習慣とは

「湯船につかる」ことです。


世界でも、こんなに湯船につかるのは

日本人だけです。


昔から、日本人は

「あぁ~、極楽、極楽~」

と言いながら、幸せなお風呂を堪能してきました。


実は、それが平熱を高く保ち

健康にもつながっていたのですね。


湯船に10分程度つかれば

大体、体温は1度くらい上がります。


このとき、オススメなのが

やはり、コレ!


 ■おうちで岩盤浴気分を味わえる「オーラいい湯種」
 http://gojigen.net/SHOP/02-37-01.html

とっても大人気です。


「湯冷めもしなく、最初の日は朝までポカポカでした」

「お湯がまあるく角が取れたようにやさしくなりました」

「毎日、お風呂に入るのが楽しみになりました」


など、喜びの声もたくさんお聞きします。


最近は、シャワーで済ませてしまう人も多いようですが

ぜひ、湯船につかりましょう。



③白湯(さゆ)を飲む


常温の水や、お茶などは

体の水分補給として、体に蓄えられますが


実は・・・


白湯は、尿として体外に排出させる作用があります。


インドの伝統医学(アーユルヴェーダ)では

白湯は、心と体を整える最高の飲み物とされています。


私たちも普段から

白湯を、よく飲んでいます。


白湯は、火をかけて沸騰させなくても

電気ポットの熱湯に

お水を混ぜて、適温にしたもので十分です。


温度は、50度くらいが目安ですが


個人的な好みとして


少しだけ冷めているかなぁと感じる温度か

少しだけ熱いと感じるぐらいの温度でも、大丈夫です。


白湯を飲むタイミングで

オススメなのが

起きた時と、寝る前です。


朝は、1日の中で最も体温が低い状態なので

少し温かいぐらいの白湯を飲めば温まります。

また

夜寝る前に白湯を飲んでも、

体が温まり、浄化作用もあるので、ぐっすり眠ることができます。


白湯を美味しく飲むのに、オススメなのが

やっぱり、森修焼です!


 ■森修焼 ドリッパー用ポットのナチュラルピュア
 http://gojigen.net/SHOP/01-103-01.html
 ■森修焼 マグカップのナチュラルピュア
 http://gojigen.net/SHOP/01-06-01.html

この2つで、白湯を飲むと、

森修焼の遠赤外線効果などで

とっても美味しく、まろやかになります。


「白湯って、美味しんですね。

今まで、見向きもしませんでしたが

これなら、いつも飲みたいですね」

と言う方もいらっしゃいました。


ということで


①3つの首を温める

②お風呂で体を温める

③白湯を飲む

以上の3つで

カラダを冷やさずに、温めましょう。


ちなみに・・・。

平熱を上げることで基礎代謝が上がり

ダイエット効果にもつながりますよ。


_________________

4.電磁波対策をする
_________________


寒くなると

ついつい長時間

こたつや電気カーペットやハロゲンヒーターなどを使ってしまいます。


意外かもしれませんが、風邪対策のポイントでもあります。


もちろん

室内が乾燥して、ウィルスが発生しやすい

ということもありますが


意外に見落としがちなのが

「有害電磁波」が発生するということです。


電磁波は、電気が通っているところから発生します。


(特に、こたつや電気カーペットやハロゲンヒーターなどの

 コイル状になっているものから多く発生します)


有害電磁波は、体に悪影響を及ぼすと言われています。


科学的なことは、長くなるので省略しますが

カンタンに言えば、免疫力が低下するからだそうです。


つまり、風邪も引きやすくなるということです。


電磁波対策としては

 ■有害電磁波をカラダに優しいエネルギーに変換してくれる「アポロ・シン・コンセント」
 http://gojigen.net/SHOP/08-01-01.html
 ■ブレーカーに取り付けるだけで室内環境を変えてくれる「森修焼 アーススタビライザー」
 http://gojigen.net/SHOP/01-12-01.html

などを活用して、根本の電源から変換して

こたつや電気カーペットやハロゲンヒーターを使うのが、オススメです。


_________________

5.良い微生物を取り入れる
_________________


そもそも

風邪ウイルスは、特異な振る舞いをする微生物です。


それに負けずに対抗するような

元気で良い微生物を体内に取り入れておくことです。


良い微生物は

味噌、醤油、漬物、納豆、鰹節・・・

などの伝統的な発酵食品で、たくさんとることができます。


オススメなのは

 ■杉樽で2年間熟成されたたまり醤油
 http://gojigen.net/SHOP/03-03-01.html
 ■しいたけ、昆布、カツオのうま味が詰まった「だしゆつ」
 http://gojigen.net/SHOP/03-04-01.html
 ■良い微生物たっぷりの純正味噌の赤みそor白みそ
 http://gojigen.net/SHOP/03-02-01.html

などの発酵調味料です。


これらを使えば

料理が美味しくなるだけではなく

良い微生物をいただくことができます。


そして、仕上げは、コチラです。

 ■ガンガン働く微生物がたっぷり補給できる飲み物「マコモ」
 http://gojigen.net/SHOP/04-08-01.html

マコモは昔から

中国では、強精強壮食として日常的に食べられ

日本では、薬膳料理にも使われていました。


マコモには

太陽エネルギーをたっぷり吸収した耐熱菌(たいねつきん)が含まれており

腸内で活発に働くことが確認されています。


微生物パワーは、ホントすごいですからね。

風邪対策だけでなく

年中ずっと、微生物を味方にしましょう!


_________________

6.外出時は、マスクをする
_________________


そして、最後は

外で風邪ウィルスを取り込まないようにすることです。



そこで重要になってくるが「マスク」です。


実は、紙やガーゼでできた通常のマスクをしていも

大半のウイルス、細菌はカンタンに通り抜けてしまい

あまり効果がないと言われています。


(ただし、通常のマスクでもしないよりは、した方がいいです。

冷たく乾燥した空気から、のどや鼻の粘膜を守るのには役立つからです)


現在は、ほとんどのウイルスをカットする特殊なマスクも

たくさん売られていますが

かなり割高になるので、とても日々使うことは難しいかもしれません。


そこで、オススメなのが

コチラのユメロンの新商品

 ■ウイルス対策「強力イオンコーティングマスク」
 http://gojigen.net/SHOP/02-47-03.html

付属の金属イオン溶液をマスクにスプレーして使い

チタンイオン、亜鉛イオン、銀イオンをアミノ酸でつなぐ

まったく新しい殺菌浄化システムです。


しかも、高機能なマスクにも関わらず

1枚あたり120円なので、コストパフォーマンスはいいと思います。



ということで、以上を復習すると

<風邪予防の6つのポイント>


1.「うがい」「手洗い」「鼻うがい」

2.掃除、換気をして、温かくして湿度を保つ

3.カラダを冷やさない

4.電磁波対策をする

5.良い微生物を取り入れる

6.外出時は、マスクをする


以上の6つです。


<今回ご紹介したオススメグッズ一覧>

 ■うがいにオススメ「ひまし油」
 
 ■加湿器に入れてもOK「グレイトウォーター」
 
 ■直接、部屋中に散布すれば効果絶大「グレイトスプレーボトル」
 
 ■足首と手首を温める「HPSハイパーミニトレンカ」
 
 ■首を温める「あったか蓄熱・ネックウォーマー」
 
 ■お得なユメロンあったかポカポカセット
 
 ■おうちで岩盤浴気分を味わえる「オーラいい湯種」
 
 ■入れられるだけで白湯が美味しくなる「森修焼 ドリッパー用ポットのナチュラルピュア」
 
 ■白湯を美味しく飲める「森修焼 マグカップのナチュラルピュア」
 
 ■有害電磁波をカラダに優しいエネルギーに変換してくれる「アポロ・シン・コンセント」
 
 ■ブレーカーに取り付けるだけで室内環境を変えてくれる「森修焼 アーススタビライザー」
 
 ■杉樽で2年間熟成されたたまり醤油
 
 ■しいたけ、昆布、カツオのうま味が詰まった「だしゆつ」
 
 ■良い微生物たっぷりの純正味噌の赤みそor白みそ
 
 ■ガンガン働く微生物がたっぷり補給できる飲み物「マコモ」
 
 ■ウイルス対策「強力イオンコーティングマスク」
 

これから、ますます風邪やインフルエンザが流行る時期ですから

ぜひ、ご活用してみてください。


今回も

みなさんから頂いたご質問をもとに、お送りしましたが


引き続き

みなさまから

いただいたご質問にどんどん答えていこうと思っています。


「このグッズのことを教えて欲しい」

「コレとアレは何が違うんですか?」

「ゆにわでは、どうやって使っているですか?」


などなど、気軽にメールで頂けましたら嬉しいです。


今回のようなメールでお答えするか

万福たけしが動画でも

どんどん紹介して行こうと思っています。


ご質問やご要望がある場合は

こちらのコメントでお送りください。

(もちろん、熱い感想もいただけると、とっ~ても嬉しいです)


それでは

ユニワオンラインショップの商品によって

皆さまがより充実した毎日を送られることを

心から祈っています。



ユニワオンラインショップ

川嶋政輝

コメントする

名前

URL

コメント

※毎週木曜日は発送定休日です。

美薬膳堂ゆにわ

ページトップへ